毎月10日はレセプトデータチェックの日

日記
スポンサーリンク

こんばんは魔界塔士です

毎月10日は月に一度私が輝く日レセプトデータチェックの日です

レセプトデータチェックとは

まずレセプトとは分かりやすく言うと病院に行った時のレシートですかね

病院は患者さんからはその場では、3割ぐらいしか料金を取れないのでそのレシートを保険団体に送って残りの7割を貰うみたいな感じ

そのレシートデータはレセコン(レセプトコンピュータ)ってのに入っていて、ボタンを押すとレセプトデータと言うのが出てくるのです。

んでこれを何か国に送らないと行けないのですが、国から提供されるしょぼいチェックツールでデータにエラーが出なくなるまでチェック&修正をするのです。

まぁ私の役割はデータ出して、チェックツールのボタンを押して画面を見てるだけなんですけどね。

エラーが出たら医事会計部門の担当にエラー修正ヨロシクと言っていれば良いだけの仕事です。

国は各病院の診療データを集めて、入院料なんかのルールを定めているようですが個人的には安かろう悪かろう、今病院経営がどこも苦しい原因でもあるような気がします。

どうせデータを集めたところで、集めることに満足して活用してなさそうなイメージです。

まぁそれはさておきデータチェックの日は私はパソコンの前でポチポチやってれば良いので、楽ちんな日でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました